千葉市内で行われている葬儀の1日葬とは?

よくわかる千葉での葬儀ブログ

Google

葬儀のスタイルが増え、どの葬儀がピッタリくるものなのか理解できないケースがあります。千葉在住の私もそうでした。

千葉市内で行われている葬儀の1日葬とは?

家族葬と1日葬、あるいは火葬式なども含めて、葬儀のスタイルや内容、葬儀費用などはどのような違いがあるのでしょうか。

私もかつては千葉市内に在住していて、葬儀選びに迷った経験があります。

1日葬についてお話ししてみます。

 

■通夜を行なわない、1日だけで終わる葬儀が1日葬

葬儀というと一般的には通夜と告別式がセットになっています。

ところが喪主サイドの遺族が多忙であったり、独居などで故人の会葬者が限られていたりする場合には、通夜のある家族葬さえ必要のない場合があります。

そのようなときに便利なのが1日葬です。

通夜がないので葬儀は1日で済みます。

また葬儀費用も家族葬が40万円-50万円であるのに対し、1日葬なら28万円-30万円程度と手ごろです。

 

■葬儀をしてみると会葬者はごくわずかといったことも

葬儀を手軽さで判断するのは不謹慎かもしれませんが、葬儀を取り仕切る側の遺族にしてみると、そうも言っていられないのが現実の葬儀というものです。

通夜があれば会葬者のおもてなしの準備も大変で、フタを開けてみたら実際の会葬者がごく少数だったといったケースもあります。

それらのことから1日葬ではなく火葬式だけで簡単に終わらせるケースも最近では増えています。

 

■家族葬は小規模でも通夜があります

1日葬は通夜がなく1日で終わります。

会葬者の数を予測して無理のない葬儀スタイルを決めましょう。

葬儀だからといって見栄を張る時代ではなくなりました。

千葉でも少数家族化がすすみ、独居が当たり前の世の中になりました。

無理に通夜を設ける必要はありません。

故人の遺志を尊重しつつ、心のこもった儀式を執り行って差し上げられたらそれがベスト。

規模ではありません。

記事RANKING